紙カルテをスキャンしてデータ化するスキャンシステム(カルテビューア)を導入。江東病院様のデータ移行
導入の経緯とご感想

導入実績Case Studies

江東病院の導入実績

紙カルテの運用からペーパーレスの運用へ

医療法人社団順江会 江東病院

  • 東京都江東区
  • http://www.koto-hospital.or.jp/
  • 外来数=約700人/日
  • 病床数=315床
  • 外来診察室=20室
  • カルテビューア端末=約130台
  • カルテビューア運用開始=2008年4月
医療法人社団順江会 江東病院

導入の背景

これまで、診療科ごとの分冊スタイルで運用していましたが、各診療科の紙カルテスペースはいよいよ飽和状態で、さらに、病院の建替え計画で紙カルテの保管スペースがなくなることになりました。また、機能評価においてもマイナスになるなど、あらゆる要素において、紙カルテをコンピュータで一元管理しなければならない状況となりました。

初めは当然、電子カルテを検討したのですが、
 •全てのスタッフが同じレベルで操作できない
 (診療のスピードや質が犠牲になってしまう)
 •大きなコスト
 •紙カルテやその他の資料である紙媒体は結局なくならない!


これらの点について、どうしても解決することができず、様々な方法案を検討した結果、オーダリングとカルテビューアを併用することで、紙カルテの運用とカルテをスキャンして一元管理をするという目的を実現しようと決断しました。

導入期には、紙カルテ以外も含めて様々な文書を洗い出したところ、約250種類もの文書が院内で運用されていることが判明しました。不要な伝票は廃止し、同一目的の文書は統一するなど、よりシンプル化した業務を再構築し、118種類に減らした状態で運用を開始しました。システム自体は簡単で導入しやすかったため、導入期の労力は、むしろこういった院内環境の整備にまわすことができて、結果的には一石二鳥になりました。


ユーザーの声

間もなく、運用開始から6ヶ月程度経過するので、いよいよ紙カルテ棚を取り払う段階です。今後は、もっと統一化できる要素が残っているので、それに取り組んでいくことと、特定検診などの別部門も紙媒体をスキャンしてカルテビューア化していくことで、さらにペーパーレス化と情報共有を進めていく方向です。

田村 尚亮 先生 
副院長 IT責任者 

お問い合わせ

プライバシーマーク制度