スキャンシステム(カルテビューア)で紙カルテ破棄。柴垣医院病院様のカルテのデジタル化導入の経緯と
ご感想

導入実績Case Studies

柴垣医院の導入実績

透析医療において完全ペーパーレス化ができ、更に省スペース化が実現

柴垣医院



柴垣医院は、自由が丘駅前のビルの2階にある。
人工透析専門クリニックであり、その医療の特性から、看板などを大きく出さずに、なるべく人目につかないよう患者様への配慮がされている。

柴垣医院

1975年に現院長の父の名誉院長が開院し、現院長の柴垣先生が2代目として診療所の経営を行う同クリニックは、午前、午後、夕方と1日3クール制をとっており、1日当たり患者数は約65人にのぼる。
透析医療は1人当たり平均4時間が必要であり、そのため通常は2クールが一般的である。
同クリニックが3クール制を取れたのは、「徹底的なIT化を進めたことで効率化が図れたことが大きい」と柴垣院長は、IT化の有用性を話してくださった。
同クリニックの理念でも、「積極的なIT化」を掲げており、IT化による効率化、患者満足の向上は同院にとって大変重要な要素となっている。


透析管理システム導入の次は完全ペーパーレスへ

柴垣医院は、透析管理システムを導入し、透析スケジュールや病床管理、レントゲン画像管理、診療記録などをデジタル化している。
同システムは、電子カルテという位置づけではなく、あくまで一連の透析業務を管理するシステムとしての位置づけであり、透析記録等は紙に印刷して別に管理する方法をとっている。 そのため、完全なペーパーレスを実現できずにいた。

カルテビューアとの出会い

「ペーパーレスを実現できないか」と柴垣院長は情報収集を繰り返していた。
そんな時に、お台場で行われたクリニックITフォーラムで、京葉電子工業の「カルテビューア」に出会った。
カルテビューアの商品コンセプトは、カルテ等の紙の書類をスキャナでスキャンし、PDFやJPEGデータに加工し、さらにタイムスタンプを加えることで、電子カルテの3要件の一つである真正性を確保している。
この真正性を確保する機能に院長は注目した。
「このシステムを応用すれば、透析医療において完全ペーパーレスが実現できる」と、柴垣院長は考えたのだ。

IT化で紙カルテの管理と情報共有の効率化を図る

透析医療では患者は週2回~3回必ず来院し、約4時間の透析を受ける。 その際に、毎回透析に関する記録(カルテ等)を作成するため、紙カルテの枚数は膨大な量になる。 また、スタッフ間の情報共有には、経過表に手書きでコメントを記載し、毎回引き継ぎを行ってきた。 これらの業務においてIT化を進めることで、紙カルテの省スペース化とスタッフ間の情報共有ができないかと考えたのだ。

スキャナを活用して紙カルテや紙文書をデジタル化

また、クリニック内には、透析記録以外にも様々な紙の文書がある。 たとえば、他院からの紹介状や検査結果などだ。その文書を、高速スキャナーを利用してスキャンし、カルテビューアに取り込むことで、完全ペーパーレスを実現している。 これには、カルテビューアのもうひとつの機能である「雑文書管理」を利用している。

透析管理のワークフロー

人工透析を受ける患者様はまず診察券を各自が受け取り、体重計にのって透析前の状況を記録する。
この内容は透析管理システムに登録される。その後、看護師が血圧を計測し、この情報も透析管理システムに入力する。
ベッドに入り、透析がスタートした後は、看護師が巡回して状況を把握していく。
これらの情報が経過表として管理されるため、患者様の状況について、スタッフはベッドサイドでiPadにより把握することができる。

デジタル化するメリット

紙カルテやその他の文書をデジタル化するメリットは、「様々な業務のロスがなくなり、効率的なカルテ管理、情報共有が可能になることもあるが、データベースを一本化することで情報の一元管理ができるようになったことが大きい」と院長は話された。
また、「今後は全スタッフにiPadを配り、情報共有はiPadですべてできるようにしたい」と院長は今後の展望を話してくれた。

今後の展望

透析は一度に20数名の患者様に対して同じような行為を次々に行っていく必要がある。
それらの行為手順をiPadで管理できれば、標準化が図られ、ミスも防げる。
さらには、独自にファイルメーカーで開発したiPad用アプリで、患者様のフットケアもおこなっていくとしている。
このように、同クリニックはカルテビューアとiPadを活用することで、紙カルテのデジタル化、効率化を行うとともに、スタッフ間の情報共有がスムーズにベッドサイドで行えるようになっている好事例といえよう。

※この導入事例は、第三者が取材を行ったレポートをもとに作成しています。

お問い合わせ

プライバシーマーク制度