紙カルテのスキャンとデジタル化を可能にした「カルテビューア for Hospital」の製品概要や機能のご紹介

製品情報Medical Viewer Series

カルテビューア for Hospital紙カルテで運営している病院診療所向け

カルテビューア for Hospital 紙カルテで運営している病院や診療所向け 特許取得済み

こんな問題やご要望にお応えします!

  • カルテ庫が
    いよいよ飽和状態!
    カルテビューアなら…毎日使う紙カルテはスキャンして電子化するので、今以上に紙カルテは増えません。またカルテ庫も必要なくなります。
  • カルテ出しが大変!
    カルテビューアなら…各端末から、患者毎にカルテの検索が
    可能なので、カルテ出しの手間と時間が
    省けます。
  • ドクターが多数いて
    電子カルテでは
    操作が大変!
    カルテビューアなら…診察はこれまで通り紙カルテを使用するので、入力操作は殆どありません。

カルテビューア for Hospitalとは?

現在、紙カルテの電子化が求められていますが、電子カルテでは患者様と向き合う時間よりもモニタに向かう時間が多くなり、患者様に対して冷たい印象を与えてしまうのと同時に、診察スピードが低下するという大きな問題があります。

カルテビューアは、病院で使う診療に関する書類(2号用紙、検査結果)をはじめ、問診票、読影レポート、外注検査報告書など院内のあらゆるアナログ媒体をスキャンして画像で保存することにより、ネットワーク上の端末から閲覧できるシステムです。
つまり、手書きの紙カルテを使用しながらも完全なペーパーレス化が実現できます。

特長

  • ・完全なペーパーレスを実現できるので、「カルテ庫」「紙カルテの出し入れ」が不要になり、紙カルテの保管スペースや出し入れに関わる人件費も削減できます。
  • ・スキャンして画像保存したカルテ等は、院内どこでも閲覧が可能です。
  • ・操作方法は非常に簡易的なため、多数ドクターが所属している病院でも安心してお使いいただけます。
  • ・厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠して開発されています。

運用イメージ

※上記運用イメージはあくまで一例となります。各病院によって運用は異なります。


運用方法は2種類
集中管理スタイル
診療情報管理士がいるような大きな病院では、いままでのように紙カルテで運用を行っていただき、診察終了後に診療録室などですべての書類をまとめて、集中的に一括スキャンを行います。翌日の診察時にはスキャンしたカルテなどの情報がカルテビューアで閲覧可能になります。
部門スキャン・スタイル
各部門でスキャンを行い、部門ごとに情報を随時登録していくスタイルです。
電子カルテのサポートシステムとして活用でき、紙カルテを回す時間や手間の削減に役立ちます。
このようにお使いいただくことで院内での情報共有を早期に行なうことが可能になりますので、複数の診療科がある病院では、情報共有が早く且つ正確に行なえます。
また電子化が難しい診療科のみをカルテビューアで対応することも可能です。

機能紹介

QRコード発行機能

登録された各文書は、QRコードを掲載してQRコード発行プログラムから簡単に発行することができます。

カルテビューア機能

スキャンした各文書は、付与されたQRコードによって、患者番号等で振り分けられます。
そのため、カルテビューアでは、患者様毎の書類の閲覧が可能となります。

サムネイル表示
スキャンした画像が時系列に並びます。
カテゴリ分けして表示が可能です。キーボードを使用せずに
クリックするだけで目的の書類を容易に探し出すことができます。
カレンダー表示
患者の来院状況が一目でわかるカレンダー機能により、過去に保存された書類を簡単に探し出すことができます。カレンダー上のアイコンをクリックすると書類の内容が画面に表示されます。
タブ表示
スキャンした画像は、文書の種類によって絞り込み表示した状態で閲覧することが可能です。
その他
他システムとの連携が可能
CRなどの画像ファイリングシステム、心電図ビューア等との連携が可能です。
※オプション機能となります。連携時には各機器メーカーとの調整が必要となります。

製品概要

対象
病院(中小規模~大規模)
動作環境
WindowsOS(2000、XP、vista、7、8、10、2003server、2008server、2012server)
iOS(7以降)※iPad使用時
保守体制
遠隔リモート保守、電話サポート
※ご購入時、別途保守契約にお申込みいただきます。
対象地域
全国

電子証明

紙カルテを破棄して保存データを原本として扱うには、画像保存しているスキャンしたカルテを原本証明する必要があります。
株式会社日本電子公証機構のシステムと連携し、以下のようなサービスを利用して原本としての取扱いが可能となります。

カルテの作成者の推定(認定特定認証事業の電子証明書)
スキャンしたカルテの作成者が「誰か」を推定できます。
カルテの存在証明
スキャンしたカルテが「いつ」存在していたかを証明します。
カルテの非改ざん証明
現存するスキャンしたカルテが、存在証明により特定された「いつ」以降、改ざんされていないことを証明します。

導入実績お問い合わせ

プライバシーマーク制度