様々な書類をスキャンして一括管理・閲覧できる「雑文書スキャンシステム」の製品概要や運用イメージ

製品情報Medical Viewer Series

雑文書スキャンシステム過去の紙カルテデータ、雑文書、スキャンデータを一括管理

雑文書スキャンシステムとは院内にある様々な書類を「スキャナー」「デジカメ」「iPad」によってスキャン・取り込み、画像データを文書種類毎に整理して閲覧可能にするシステムです。電子カルテ化の際に残ってしまう紙類などもスキャンして管理・閲覧することが出来ます。また、他社電子カルテシステムが動作しているパソコンからでもお使いいただけます。

全てデジタルデータにはデジタルタグをつけることで、検索や仕分けが行えます。
また、取り込んだデータはサーバーで一元管理され、閲覧権限を設けることが可能です。
これにより紙カルテ以外の書類を破棄し、更なる省スペース化をはかることができます。

利用イメージ

取り込んだデータはスキャンビューアサーバー内で管理され、院内各所で即座に閲覧していただけます。

製品概要

対象
病院(中小規模~大規模)、診療所(診療科問わず)
動作環境
WindowsOS(2000、XP、vista、7、8、10、2003server、2008server、2012server)
iOS(7以降)※iPad使用時
保守体制
遠隔リモート保守、電話サポート
※ご購入時、別途保守契約にお申込みいただきます。
対象地域
全国

お問い合わせ

プライバシーマーク制度